2014年02月17日

LAKEシューズのクリートプレートの交換

2〜3週間前のことです。

今の期間は使用していない夏用のLAKEのシューズの、クリートを取り付けるネジのネジ山を舐めて割ってしまっていて、クリートのネジが3本中の2本しか利かなくなっていた(開けてみたら1本)ので、シューズごとあきらめるしかないと思っていました。

SIDIならスモールパーツが豊富なので、シューズはSIDIにしておけば良かったかなぁと思いながら、ネットでいろいろ調べてみたら、カーボンソールなら直せる可能性があり、SIDIの部品で代用できないのかなとか、検討していたら、LAKEのシューズもクリートプレートが販売されていました。
ただ、売られているクリートプレートはCX175用とCX236用の2種類で、私のCX330Cの表記がない。
それなら、CX330Cのクリートプレートがどんな形のものが使われているのか、取り出して調べようと、先に取り出しました。

インナーソールを外してみるとクリートプレートが取り出せるような切込みが入ってます。
DSC_3681.jpg

取り出してみたら、形はCX236用に極似していたので、CX236用を注文しました。
取り出した壊れたクリートプレートと購入した新品のクリートプレートです。
DSC_3687.jpg

外す前はクリートは2本のネジで留めていたのに、取り出してみたら、3つの内2つも壊れていて、ぞっとしましたが、事故もなくこうやって修理することが出来て良かったです。

トルクをどれくらいにすればいいのかは、表記されていないので、これからは気持ちゆるめにして、ゆるみ止めで対応しようと中強度タイプのロックタイトの243を使って締めました。
DSC_3691.jpg

カンパのウルトラトルクのBBカップの組み付けには、低強度タイプのロックタイト222の使用が指定されていて、このロックタイト243は番号を間違えて購入していたものですが、間違えて買ってしまって使う機会がなかったものが役に立ちました。

私がLAKEシューズをWiggleから買ったときは日本でのLAKEの取り扱いはなかったように記憶してますが、今は日本総代理店も出来て取り扱いが始まっているので、LAKEのシューズも良いですね。
ただ、つくりはSIDIの方が上ですけどね。

posted by willwin at 22:21 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車グッズ、パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

パークツールのフロアポンプが寿命になったようだ?

DSC_0087.jpg

たぶん、2007年にDAHONと同じ時期に買ったパークツールのホームメカニックポンプに寿命が来たようです。

久しぶりにユーラスのチューブレスタイヤに空気を入れたのですが、ある程度までは入るものの4気圧ぐらい入るとそこから空気が入らない。

タイヤからエアが漏れている様子も無く、自分で交換したKCNCのヘッドあたりでもなく、ポンピングしているときだけポンプ本体のメーター下辺りからエアが漏れている音がします。

ある程度の数値まではエア漏れは無いので、たぶんポンプ本体内の空気圧がタイヤ内の空気圧よりも高く出来なくなってしまったような気がしてます。

パークツールは部品ごとに取り寄せもできるメーカーですが、今回は違うポンプを追加購入することにしました。

本日仕事の合間にサイクルショップを何件か回ったのですが、気に入ったのもないので、円安になったとはいえ、比べればまだ日本より安い海外取り寄せにしました。いつものWiggleではなく今回はChainReactionCycles。現時点ではCRCのほうがポンプの種類も多くて値段も安かったです。

ロードバイク用のフロアポンプはほとんどが最大11気圧の製品が多くて、パークツールのホームメカニックポンプも最大11気圧の製品だったのですが、今回は少し余裕を持たせたいと思って最大が12気圧のSKSエアコンプレッサー12.0を注文しました。

上を見れば最大16気圧の製品もあるらしいのですが、実際には6〜8気圧ぐらいまでしかエアを入れないので余裕分を含めて12気圧であれば充分です。

フロアポンプといえば昔からSILICAが最高だと言われていたようですが、最近ではSKSの16気圧の製品のほうが良いという評価もあるらしいですね。

久しぶりの海外通販です。15日に間に合うだろうな〜


posted by willwin at 01:34 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車グッズ、パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

GARMIN Edgeシリーズ日本版が価格改定で値下げ

日本版のGarminのEdgeシリーズが値下げされてますね。
時間差がありましたが、ようやく、円高が反映されてきたということですかね。

ガーミンEdgeシリーズが価格改定を実施 新色・ラインナップを追加

2012年Edgeラインナップ(商品名、カラー、旧価格→新価格、備考、発売時期)

現行 Edge800J 黒/青 \79,800→\64,800 フルセット 発売中
NEW Edge800J White 黒/白 \64,800 フルセット 4/中〜末頃発売
現行 Edge705日本版 黒 \69,800→\49,800 フルセット 発売中
現行 Edge500日本版 白/青 \39,800→\34,800 フルセット 発売中
現行 Edge500日本版限定カラー 青/オレンジ \39,800→\34,800 フルセット 発売中
NEW Edge500J Silverセット シルバー/黒 \34,800 フルセット 3/末頃発売
NEW Edge500J Redセット 黒/赤 \34,800 フルセット 3/末頃発売
NEW Edge500J Silver シルバー/黒 \24,780 本体単品(心拍計・SPD/CADセンサー別売)3/末頃発売
NEW Edge500J Red 黒/赤 \24,780 本体単品(心拍計・SPD/CADセンサー別売)3/末頃発売


私はいまだに個人輸入のEdge705ですが、今度買い換えるなら日本語版ですね。
たぶん地図が見やすい気がする・・・


↓よろしければ、クリックで協力お願いします(^^ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

posted by willwin at 01:44 | 千葉 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車グッズ、パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

TREKタイムウォッチ電池取替え

何気ない付属品ですが、かなり役に立っているTREKタイムウォッチの針が止まっていたので、電池交換をしました。

購入してからもう2年ちょっと経っているので、電池の持ちもこんなものなんでしょうね。
2009年10月23日 TREK タイムウォッチ 取り付け

購入したのはパープル色でしたが、染めQスプレーで黒に染めてあります。
これって、バンドから時計本体を取り出すのが結構大変です。
NEC_0027.JPG


バンドの裏側に細い取り出し用の穴があるのでそこに棒状ものを指して押し出すように取り外すのですが、硬いもので力任せに押すと時計本体が傷つきそうなので押しながらバランスよくはずします。
私は今回は六角レンチの細いもので押してはずしました。
NEC_0026.JPG


Made in Chinaと記載されてますが、
NEC_0070.JPG


中の時計本体はMade in JAPANでした。
NEC_0069.JPG


電池はSR626SWという酸化銀電池で時計に良く使われる電池だそう。酸化銀電池とは一般的にリチウム電池などより電圧がやや高く、長持ちして最後まで電圧が下がらないので時計には良く使われるそう。
ひとつ利口になりました。
NEC_0066.JPG


電池のSR626SWは近所のホームセンターに普通に売っていました。

今はもうメーカーで取り扱い終了しているこのTREKタイムウォッチですが、見やすいアナログ時計は他にはないので大切に使いたいと思います。

↓よろしければ、クリックで協力お願いします(^^ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






次世代スプレー 染めQスプレー 264ml
次世代スプレー 染めQスプレー 264ml
次世代スプレー 染めQスプレーミニ 70ml
次世代スプレー 染めQスプレーミニ 70ml
posted by willwin at 00:00 | 千葉 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車グッズ、パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

LAKE CX330Cにクリート取付

LAKE CX330Cにようやくクリートを取り付けました。

今までは4.5°の可動幅があるグレーでしたが、今回から可動幅無しの黒にしてみました。

P1080626.jpg


ようやくと書いたのは、理由があります。
9月3日にLAKE CX330Cが届いたというブログを書いたのに、返品交換をしていて、クリート取り付けが9月末の今頃になってしまったからです。

9月3日にブログを書いた時点では、ヒールの成型不良は我慢しようと思ってましたが、気が変わって交換をしてみました。
海外通販で数々のものを購入してますが、返品や交換ができる状況でも手続きが面倒という理由から、今まで一度も返品交換したことがなかったので、一度ぐらいは経験しておこうと思ったからです。
もちろん、履いてすぐに壊れたら困るなぁと言うところもあります。

返品交換といっても同色同サイズは品切れだったので、実際には返品→返金→再注文という形です。
今まではずっと靴は41インチで統一していたのですが、今回の一回目の注文では41.5インチを注文し、再注文では41.5が品切れなので41インチを注文しました。
再注文の際には気分も変えたかったので、色も変更して注文しました。

しかし、再注文の品が届き箱を開けてみたら、サイズは41インチで合っていましたが、色はホワイトを注文したのに前のと同じパール/ホワイト/レッドで届いてしまいました。
納品書でもちゃんとホワイトになっているんですけどね。
P1080597.jpg

どうしようかと迷いましたが、再度の返品はさすがに面倒なのでこのまま使用することにしたのですが、よく見ると返品した品とソールのペイントのデザインが違う。ロットが違うのでしょうか。
P1080460.jpg

デザインはたままた違ってますが、おそらく41インチと41.5インチのカーボンソールは共通部品です。
ヒールカップの余り具合が、41.5のほうが多いです。そのため、ヒールカップの成型がおかしくなっていたのでしょう。たぶん。

クリートの取り付けにはERGONクリート位置決めツールを使いました。
P1080622.jpg

安価な道具ですが、これはお役立ちツールですね。
P1080624.jpg


LAKE CX330Cのカーボンソールはトゥとヒールの部分がカーボンにペイントしてあるだけのようで、いかにも滑りそうです。
しかも、一度目に届いた品物のソールはトゥとヒールの部分だけ黒くペイントしてありましたが、今回届いた品物にはそのペイントもありません。
そのため、滑り止めと長持ちのために、シューグーを付けました。
P1080628.jpg

シューグーは以前から使っていてけっこう重宝しています。

今回、初めて返品を経験してみたのですが、やっぱり面倒は面倒で、返品しないことに越したことはないのですが、Wiggleのサービスはさすがでした。

一回目の注文のときは「EXTRA10」という現在の値段から10%引きのクーポンで買ったのですが、再注文のときもメールで連絡したら同じだけの値引きをしてくれました。
そして、再注文での色間違いでも、間違いを伝えて返品しないことも伝えたら、期限なしのクーポンをくれました。
Wiggleに日本人スタッフがいて、日本語でメールできるからこその対応だと思いましたが、やはりさすがですね。

【ERGON◆エルゴン】 クリート位置決め専用ツール TP1
【ERGON◆エルゴン】 クリート位置決め専用ツール TP1


↓よろしければ、クリックで協力お願いします(^^ゞ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






posted by willwin at 23:54 | 千葉 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車グッズ、パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする